続)大人だってカワイイぞ!

こんにちは、テレビっ子の私です。
いえ、テレビっ子ではありません(どっちやねん。
正確にはTverっ子です。
今期おいかけてるのは、
・きょうの猫村さん
原作、読んだことない
・絶飯ロード
孤独のグルメと同じく漫画が原作かと思ったら、博報堂による地域活性化プランのよう
・行列の女神〜ラーメン才遊記
鈴木京香はグランメゾン東京でグルメものの人というポジションを獲得したのか
・レンタルなんもしない人
名前だけは知ってましたが、今回はじめて全容を知りました。
というわけで(どういう?)「レンタルなんもしない人」の最新話

「レンタルなんもしない人」というサービスを始めた森山将太(増田貴久)。そんなレンタルさんの元に生後9カ月の子供を持つ主婦・佐々木麻衣(徳永えり)からの依頼。麻衣が独身の頃から通っていたレストランが今日で閉店してしまうため、最後の思い出に店に同行してほしいという。だが以前、出かけた時の周囲の目がトラウマになり子連れの外出に不安を抱いていた。一児の父でもあるレンタルさんに育児の悩みを打ち明けるが……。

レンタルさんのこんなセリフがありました。

泣きたいときに泣いて
笑いたいとき笑って
赤ちゃんは好きなことしてるだけでかわいいのに
大人もみんなそうすればいいのにって
思うんだけど

赤ちゃんは好きなことしてるだけでかわいいのに


ということは(どういう?)
赤ちゃんにはそれが許されているけど、大人には許されていない、ということですよね。
自分の気持ちで動くのではなくて、他者を意識して、他者の意に沿う言動をとらないとカワイイと思ってもらえないということですよね。
いえ、思ってもらえないということはありません(どっちやねん。
他者の意に沿うことをしなくてはいけないのではなくて、他者の意に沿うことをしなくてはいけない、と思っているのです。
この違い、大きいですよ。
この罠にはまりこんでいる人の多いことよ。
嫌われているのではなくて、嫌われていると思っているだけ。
愛されていないのではなくて、愛されていないと思っているだけ。
なぜこんな齟齬が発生するのか。
そりはですね。
向き合ってないから。
確認してないから。
キャッチボールしてないから。
だから相手の真意を確認することができなくて、不安だけが膨らんで大きくなっていく。
そしてキャッチボールの原則。
まずは自分からボールを投げること。
相手のボールを待つのではなくて。
待ってるほうが怖いですよ、何がくるかわからないから。
自分で投げるボールはコントロールすることができますから。
自分のことをカワイイと思えない人が他者からのカワイイを待っているのではなくて。
自分こそがカワイイと認めてあげてください。

大人だってカワイイぞ!!


ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただくと励みになります♪

✨✨✨ おみくじ、ジャミラくじや! ✨✨✨

クリックする前に、お題を思い浮かべるんやで〜

この記事をシェアする
Scroll to Top