足は第2の心臓

最後に目にした母の姿というか体は真っ黒に壊疽した足。
ストレッチャーで運ばれて私の視界から遠ざかっていく際、最後まで視野に入っていたのが足だったのです。
壊疽したから切断しましょ、と提言されたけど、手術のために転院した病院では手術は不可、と言われました。
理由は丁寧に説明していただけました。
もっとも納得したのがですね、足を切断するとその部分の血管もなくなるわけで、となると体内を巡る血流が少なくなる、少ない血液をまわしつづけるのは心臓にとってものすごく負担、ということです。
それを聞いて、足は第2の心臓ってそういうことか!と納得しました。
壊疽した部分を切除することができないので、体がミイラ化していくのを少しでも遅くすることしかできない。
そうか、即身仏も同じ仕組みか(激違。
コロナのためお見舞いが不可、もう久しく顔を見ていません。看病に通い詰めるということもしていません。病院から電話がかかってきたらまずは葬儀屋さんに連絡して、と納骨までの工程を脳内でシミュレーションするだけの日々です。
飲み食いに歯止めがきかず、ものごっつい太りました。あまりの不摂生に不安になり、動脈硬化系の検査を片っ端から受けましたが、すべて正常値でした。
検査はアテにならないので、第2の心臓を鍛えるために早朝の滝通いを始めました。今日で8日目。いつまで続くかな。


朝の山はほんっと涼しくて気持ちいいですよ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリックしていただくと励みになります♪

✨✨✨ おみくじ、ジャミラくじや! ✨✨✨

クリックする前に、お題を思い浮かべるんやで〜

この記事をシェアする
Scroll to Top